なでしこリオ五輪アジア最終予選日程と会場


今回は、なでしこジャパンの
リオデジャネイロ・オリンピック出場の可否を決める
重要な試合となる
リオオリンピック女子サッカーのアジア最終予選
日程と会場についてご紹介します。

#スポンサーリンク#

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選の日程

リオ五輪アジア最終予選は
2016年2月29日から3月9日まで大阪で行なわれます。

リオデジャネイロ・オリンピック女子サッカーの
アジア最終予選会場に大阪が選ばれたという朗報は
2015年7月16日に行われた
日本サッカー協会(JFA)の2015年度第7回理事会で
正式に発表されました。

リオ五輪最終予選の会場はどこ?

会場は、「ヤンマースタジアム長居」と
「キンチョウスタジアム」が濃厚と言われています。

一方で、こちらは推測ですが、
2015年秋に吹田に竣工したガンバ大阪の
新ホームグラウンド
市立吹田サッカースタジアムは、
関西圏で唯一約4万人を収容するサッカー専用スタジアム。

既に東京五輪の競技開催候補として内定していますので、
こちらも、今後の開催場所として有力候補になる
可能性も残されています。

#スポンサーリンク#

リオ五輪最終予選の強豪他チームは?

リオ五輪アジア最終予選は、
最終予選は日本、北朝鮮、オーストラリア、中国、韓国に
2次予選を勝ち抜いた1カ国を含めた
6チームによる総当たりのリーグ戦。

リオの切符は上位2チームに与えられますが、
アジアは超激戦区。

2015年に行われたカナダ女子ワールドカップで
準優勝を果たした日本。

しかし、
同大会ではオーストラリアと中国がベスト8、
韓国も決勝トーナメントに進出し、
朝鮮民主主義人民共和国は2013年の東アジアカップを
制すなど、アジア勢は強豪ぞろいです。

なでしこ監督の進退について

なお、
準優勝した2015年6月のカナダ女子ワールドカップ後、
なでしこジャパンを指揮監督してまとめてきた
佐々木監督の進退が注目されていました。

この点については、
2016年2月のリオ五輪アジア最終予選に向け、
日本協会と契約を更新することが
2015年10月に発表されています。

リオ五輪に向けての気運が高まる最終予選、
なでしこジャパンには、
五輪出場に向けて重要な試合を
ホーム開催できるメリットを生かして、
ぜひリオへの切符を獲得してほしいものです!

#スポンサーリンク#

サブコンテンツ

このページの先頭へ