とくダネ笠井アナウンサーが声帯ポリープ手術、入院期間や術後は?


みなさまお馴染み、
フジテレビの朝の情報番組
「とくダネ!」

毎日8時から放送されるこの番組で
笠井アナウンサーの声が
しばらく聞けなくなるそうです。

kasai
出典:http://ent.living.jp/kageki/25896/

とくダネ!で紹介された
ご本人のメッセージによると、笠井アナウンサーは
2015年7月頃から喉に違和感があり、
声がかすれるため診察を受けた結果、
声帯ポリープが見つかったとのこと。

経過観察するも、最終的には
切除するのが良い
との結論に至ったそうです。

声帯ポリープの症状と原因は?

声帯の振動する場所に膨らみができて、
声がかすれるというのがこの病気の主な症状。

seitai
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/hina_10300206/GALLERY/show_image.html?id=11393595&no=5

声の酷使や炎症により
粘膜の充血が起きて、腫れてきます。
この状態で、十分な安静が得られずに、
声を出し続けて刺激が加わると
ポリープになるそうな。

過去には、皆藤愛子さんが
2009年の暮れに声帯ポリープが
発見されたとのことで、翌2010年に
切除手術をされています。

また、T.M.Revolutionの
西川貴教さんは、2011年1月、
声帯ポリープが原因で、療養のために
活動を一時お休みされていました。

どんな人がなりやすい?

病気の原因にもよりますが、
声を酷使したり、
発声方法が声帯に負担をかけやすい方、
煙草を吸う方に多い傾向があるようです。

#スポンサーリンク#

アナウンサーや歌手、教師など、
仕事柄、声を使う方は
気をつけていても、
声帯ポリープのリスクが増してしまうようですね。

治療期間や手術後の経過は?

治療は、ポリープが初期で小さい場合は
まず音声治療を行います。

ポリープが大きかったり、
長引く場合、また音声治療をしても
効かないケースでは、顕微鏡下で除去する
切除手術が勧められるそう。
手術後には音声治療を行うそうです。

術後は絶対沈黙の期間があるらしく、
治療に要する期間は
病院やドクターの治療方針にもよりますが、
おおむね1週間ぐらい。

また、治療の基本は
いかに声帯の負担を軽くするかということに
重きがおかれるようです。

正しい声の出し方をすることや、
そもそも炎症がきっかけでポリープができるので、
風邪をひかないようにすることも大切になんだとか。

#スポンサーリンク#

手術をすることで、
声のかすれは改善できるようですが、
ポリープを取り除くことで、
声質が変わるのを好まず、中にはあえて
切除手術をしないという方もいらっしゃるようです。

また、手術を受けて一時は改善されても、
万事安心というわけではなく、
同じ条件が揃うと再発する恐れがあるため、
ポリープを作らないような生活環境を
整える努力がいるそうです。

手術が無事に終わり、
再び笠井アナウンサーのお元気な声が聞けますように。

順調な経過とご回復を願い、応援しています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ