京都鉄道博物館の開館日と入館料は?


京都駅の梅小路公園のすぐそばに、
2016年春「京都鉄道博物館」がにオープンします。

今回は、京都鉄道博物館の開館日や
入場料、営業時間等についてご紹介します。

京都鉄道博物館のオープン日は?

11月18日、京都鉄道博物館の
開館日がついに公式発表されました。

JR西日本と交通文化振興財団が示した
京都鉄道博物館のオープン日は
2016年4月29日

4月29日は、金曜日ですが祝日なので、
この週末からゴールデンウィークにかけては、
大変な賑わいとなりそうです。

京都鉄道博物館の広さや展示車両数は?

京都鉄道博物館は、昭和47年の開館以降、
長年にわたって京都の地で愛され、
数多くの機関車を動態保存していることで知られていた
梅小路蒸気機関車館(2015年8月30日閉館)を
拡張する形で整備される新しい鉄道博物館。

umekoji
出典:http://www.mtm.or.jp/uslm/

敷地面積は3万16平方m、延床面積は3万435平方mを誇り、
平成26年4月6日に閉館した交通科学博物館に展示されていた
展示物も一部移設される様子です。

kotukagakuhakubutukan

出典:http://www.mtm.or.jp/

展示予定の鉄道車両数は「53両」。

梅小路蒸気機関車館で展示されてきた蒸気機関車のほか、
新たに電車や電気機関車、ディーゼル機関車などが増やされ、
トワイライトエクスプレスの車両も保存されるとか。

梅小路蒸気機関車館の目玉のひとつが、
構内で実際に動く蒸気機関車に乗れるという
SLスチーム号』。

京都鉄道博物館では、
新しい客車が導入され、今後も運行が続けられる
見通しとなっていいます。

京都鉄道博物館の営業時間

発表によると、
開館時間は通常、10時から17時30分(最終入館受付は閉館30分前)まで。

グランドオープンの4月29日を含む
ゴールデンウィーク期間中は、開館時間を1時間前倒しして、
9時から開館するそうです。

また、グランドオープン前日の4月28日には開業式典が行われる予定。
ただし、式典には一般利用者の入館はできません。

休館日は、毎週水曜日と年末年始の12月30日~1月1日。

祝日や春休み(3月25日~4月7日)、
夏休み(7月21日~8月31日)は水曜日も開館するそう。

京都鉄道博物館の入館料金

入館料金は

●一般1200円、
●大学・高校生1000円、
●中学・小学生500円、
●幼児(3歳以上)200円。

『SLスチーム号』の乗車料金は、

●300円(中学生以下は100円)。

乗車希望者は、入館料に加えて
別途支払う必要があります。

ちなみに、
梅小路蒸気機関車館の扇形車庫は、
大正3(1914)年に建造され、
国の重要文化財にも指定されていました。

新たに生まれ変わった京都鉄道博物館は
どのような雄姿と鉄道の歴史を披露してくれるのでしょうか。

なお、
梅小路公園には、すぐそばに京都水族館があります。
また、手軽な値段で乗車できるチンチン電車が走っているほか、
広々とした公園スペースが広がり、
子ども達がからだを動かして遊べる遊具も設置されています。

イートインスペースもあるので、
子ども連れの行楽にはもってこい。

来年の関西おでかけスポットのひとつ
として人気を呼びそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ