真田丸あらすじ第5話「窮地」


【関連記事】
▶「真田丸」あらすじ動画全一覧

天保十(1582)年6月2日未明、京の本能寺にいた
信長は、明智光秀の謀反により、
天下統一を前に、49歳の生涯を閉じた。

武田家を滅ぼそうとしてから、わずか3か月後のことだった。

また、信忠は、二条城を襲った明智軍と
戦った末、自害して果てた。

#スポンサーリンク#

家康は、堺に滞在していたが、
穴山梅雪とともに京に向かう途中で、
その知らせを受けた。

恐らく京の町は明智群に制圧されているはず。

となると、徳川は逃げるしかない。
が、海は海賊が出る。
琵琶湖沿いの道は明智の領地が近く
大きな危険を伴う。

生きて三河に戻るために、
家康は、険しい山道が待ち受ける
伊賀越えをルートとして選んだ。

本能寺の変がまだ伝わっていない真田の郷。

内記が年頃の娘、きりの将来を考えていた。
昌幸に相談した結果、真田家に奉公に出すこととなった。

きりはそれに応じたが、胸の鼓動の高鳴りを感じていた。
信繁と梅が好き合っていることに対して
心の中でやきもきしていたのだ。

家康は山道を急いだ。
梅雪は、家康と行動をしていることに不安を感じ、
腰痛を口実に別行動をとることにした。
これが運命の分かれ道で、その後
梅雪は落ち武者狩りに遭って落命。

一方の家康は、途中で伊賀を根城とする
服部半蔵の加勢を得て、
明智の兵や落ち武者狩りの追っ手を振り切り、
生き延びた。

そして、
2日後、命からがら居城の岡崎城にたどり着いた。

そしてこの頃、
京から戻った薬売りの情報で、
ようやく本能寺の変事が
信濃にいる昌幸、信幸の知るところとなった。

圧倒的な存在感を放っていた信長。
それが、いともあっけなく
討たれてしまうとは、昌幸には信じがたいことだった。

#スポンサーリンク#

しかし、
昌幸が書状を読むと、
明智の謀反は動かしようのない事実。

「畜生!あの男に賭けたわしの身はどうなる!」

策を弄して真田を高く評価させ、
これからと思っていた矢先に
信長が死んでしまった。

上杉、北条、毛利などの大名が
好機到来とばかりに立ち上がったとき、
信長という要を失った織田は持ちこたえられるのだろうか。

「源三郎!どうすればよいのか、
この父に教えてくれ」

あっけにとられる信幸。
これほど弱気な父を見たことがなかった。

「いずれにしても、
われらのような国衆には、
力のある大名にすがるしか、生き残る道はない。

しかし、真田安房守昌幸、この荒波を渡りきってみせる。」

昌幸が案じたのは、安土に送った松のこと。

明智はいずれ安土に進攻し、織田一族を人質にとるだろう。
松も人質にとられれば、真田は明智につくしかない。

すぐに佐助が呼ばれた。

その頃、信繁は三十郎とともに、
本能寺の焼け跡に立った。

京の町の人々の話から
明智の謀反に気が付いたのだ。

信繁ははっとした。
京に来る途中にすれ違った明智の軍勢は、
安土に向かっていたに違いない。

「姉上が危ない!」

第6話「迷走」に続く

【関連記事】
▶「真田丸」あらすじ動画全一覧

#スポンサーリンク#

%e5%ae%87%e5%a4%9a%e7%94%b0%e3%83%92%e3%82%ab%e3%83%ab%e6%96%b0%e6%9b%b2%e6%b4%bb%e5%8b%95%e5%86%8d%e9%96%8b宇多田ヒカルが活動を再開!旦那様は?結婚式もイタリア!
%e9%8a%80%e6%9d%8f%e4%b8%ad%e6%af%92%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e4%be%8b 銀杏食べすぎで死亡事例も?食べ方に注意!何個が目安?
%e7%b4%85%e7%99%bd%e6%ad%8c%e5%90%88%e6%88%a62017%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e5%80%8d%e7%8e%87紅白歌合戦観覧当選倍率がもの凄い!過去倍率と司会者まとめ
%e7%b4%85%e7%99%bd%e6%ad%8c%e5%90%88%e6%88%a62017%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e5%80%8d%e7%8e%87紅白歌合戦2016年の申込み方法は?
tutu07ハロウィンの子供服を安く簡単に作る方法!チュチュいろいろ♪
猫メイクハロウィン猫メイクで可愛く変身!方法やコツは?
diet朗報!簡単にご飯のカロリーを半分にする意外な裏技!

ディズニー仮装2016年はいつ?全身仮装期間をチェック!
七五三2016年の大安はいつ?早生まれのお参りどうする?
夏目漱石が復刻される?マツコに続く「漱石ロイド」企画の行方は?
お墓参り、御供えのお花の相場と選び方のタブーと花を長持ちさせる方法は?
クリスマスプレゼントの渡し方、おすすめの方法は?日本と海外の違いは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ