2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』の脚本家は森下洋子!「ごちそうさん」「仁」を手がける実力派


2015年8月25日、
2017年の大河ドラマの製作発表会見が、
NHKで行われました。

主演や出演者もさることながら、
脚本家が誰になるのかは、
ドラマの展開を楽しむ上で重要な要素です。

その脚本家が、ついに発表されました。

morishita
出典:http://img.allabout.co.jp/gm/article/198859/morishita.jpg

森下洋子さんです!

脚本家 森下洋子さんは高学歴な実績者

報道の要旨は次のとおりです。

2017年のNHK大河ドラマは、
柴咲コウ(34)主演による「おんな城主 直虎」(脚本・森下佳子)

井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖にして、
徳川家康の重臣として活躍した井伊直政の養母

森下洋子さんは連続テレビ小説『ごちそうさん』
で、第32回向田邦子賞を受賞した実力派。

大阪府高槻市出身で、
幼い頃から舞台に親しみ、
宝塚出身者が主催するでミュージカル劇団で
バックダンサーをつとめた経歴も持っています。
過去には、自身で劇団を立ち上げて脚本を手がけたことも。

森下洋子さんの学歴

todai

また、学業面でも高学歴を持っている森下洋子さん。
出身大学は「東京大学」で、
文学部宗教学科を卒業されています。

森下洋子さんの脚本家としての実績

今から10年ほど前に人気を集めた
TBSドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』では、
ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2004年夏クール)を受賞。

この他にも、
第63回、64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『JIN-仁-』第1、2シーズン)
第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『天皇の料理番』)
など、多数の賞を受賞されています。

2017年の大河ドラマは、
現在放送中の『花燃ゆ』(井上真央主演)、
2016年大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演)に続く
第56回目の作品。

#スポンサーリンク#

森下洋子さんの評判

森下洋子さんは、原作のある作品を
脚本に仕立てるのがとても上手なことで評判があります。
また、“食べ物”を作品の中の素材として
上手に料理することも支持を得ている様子。

大河ドラマでは、史実をたどりながら、どのような
ストーリー展開を描き出してくれるのかが楽しみです。

2017大河ドラマの主役「直虎」は男勝りな姫武者

ところで、男勝りな名前の「井伊直虎」。
主演が柴咲コウさんで、タイトル『おんな城主 直虎』
からもわかるとおり、直虎は、女性です!

井伊直虎は、遠江の豪族・井伊家に生まれた女性で、
男兄弟がいなかったために、
最初“次郎法師”と名付けられたそうです。
次郎と法師は井伊氏の2つの惣領名を繋ぎ合わせたもの。

ところが、主家である今川家が滅亡し、
永禄8年(1565年)、次郎法師は
「直虎」に名を変えて当主になり、
混乱の遠江に平和をもたらす為に戦うことになります。

多くの戦国もの作品では、
井伊直虎は男勝りな姫武者に描かれていて、
実際、歴史を紐解くと
内政手腕に優れ「女地頭」と呼ばれたそうです。

#スポンサーリンク#

井伊直親と婚約するも、生涯未婚だったという
彼女の生き方は、当時の女性の生き方としては珍しく、
まさに波乱万丈に満ちた人生だったのでしょうね。

果たして、森下洋子さんの手にかかると、
どのような作品になって登場するのか、
2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』への期待が高まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ