おせち料理の意味や由来、子供と作りたいレシピ


お正月に欠かせないお料理と言えば、
おせち料理!

今回はおせち料理の由来や
定番料理に込められた意味についてご紹介します。

#スポンサーリンク#

もともとは神様のお供えだった?

おせち料理は、
もともとは季節の変わり目の祝日
(節日:せちにち)に、神様に
お供えする「御節供(おせちく)」といいう
食べ物だったそうです。

中でも、お正月が一番重要だったことから、
次第にお正月に出される料理を「おせち料理」と
呼ぶようになりました。

その年の方策や家族の健康を
願って、ひとつひとつ拵えられる
おせち料理には、それぞれおめでたい意味が
こめられています。

代表的なおせち料理

数の子

ニシンのたまごです。

たまごの数が多いことから、
子孫繁栄の願いがこめられています。

かまぼこ

赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

昆布巻き

こんぶは「よろこぶ」につながり、
縁起のよいものとされています。

海老

海老の姿のように、腰が曲がるまで
長生きできるようにという
願いがこめられています。

栗きんとん

見た目の黄金色から小判を
イメージし、財産がたまるようにという
願いがこめられています。

れんこん

穴がいていることから、
見通しがよいと言われています。

里いも

小芋がたくさんつくので、子供に
めぐまれ子孫繁栄の願いがこめられています。

田作り(ごまめ)

カタクチイワシの子どもを
干したものです。
昔田んぼに肥料としてまいたことから、
豊作の願いがこめられています。

黒豆

まめまめしく健康に働けるように
という願いがこめられています。

ブリ

成長するとよび名が変わる「出世魚」
であることから、
縁起のよい魚とされています。

#スポンサーリンク#

重箱にも意味がある

おせち料理は、めでたさを重ねるという意味で
重箱に詰められます。

今でこそ少人数でも美味しくいただける
コンパクトな2段傘ねがあったり、
3段のお重が多いですが、
もともとは四段重ねだったとか。

家族も多かった当時、
お正月の特別なお料理
おせち料理はすごく豪勢な見栄えがしたことでしょうね^^

縁起のよいお正月の食べ物

おせち料理の他にも、
お正月にいただくもので
縁起をかつぐものがたくさんあります。

おとそ

例えば、おとそ。

おとそを呑むと、どんな病気も
よせつけないカラダになると言われ、
新しい一年を健康に過ごせるよう願って
ふるまわれます。

お雑煮

お正月に神様に備えたお餅を
元旦に食べることで、
強い力をつけて、
一年を幸せに過ごすことを願います。

おせち料理の豆知識

おせち料理は、日持ちがしやすい
お料理が多く、お正月の間食べ続けることも。

これは、普段炊事を切り盛りする
女性に休んでもらい、
また神様をお迎えしているので
台所で騒がしくしないという意味が
あると言われています。

家族や親せきが賑やかに集い
ゆっくりと過ごすことができるお正月。

美味しいおせち料理を囲みながら
団らんのひと時をお過ごし下さい。

#スポンサーリンク#

%e5%ae%87%e5%a4%9a%e7%94%b0%e3%83%92%e3%82%ab%e3%83%ab%e6%96%b0%e6%9b%b2%e6%b4%bb%e5%8b%95%e5%86%8d%e9%96%8b宇多田ヒカルが活動を再開!旦那様は?結婚式もイタリア!
%e9%8a%80%e6%9d%8f%e4%b8%ad%e6%af%92%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e4%be%8b 銀杏食べすぎで死亡事例も?食べ方に注意!何個が目安?
%e7%b4%85%e7%99%bd%e6%ad%8c%e5%90%88%e6%88%a62017%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e5%80%8d%e7%8e%87紅白歌合戦観覧当選倍率がもの凄い!過去倍率と司会者まとめ
%e7%b4%85%e7%99%bd%e6%ad%8c%e5%90%88%e6%88%a62017%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e5%80%8d%e7%8e%87紅白歌合戦2016年の申込み方法は?
tutu07ハロウィンの子供服を安く簡単に作る方法!チュチュいろいろ♪
猫メイクハロウィン猫メイクで可愛く変身!方法やコツは?
diet朗報!簡単にご飯のカロリーを半分にする意外な裏技!

ディズニー仮装2016年はいつ?全身仮装期間をチェック!
七五三2016年の大安はいつ?早生まれのお参りどうする?
夏目漱石が復刻される?マツコに続く「漱石ロイド」企画の行方は?
お墓参り、御供えのお花の相場と選び方のタブーと花を長持ちさせる方法は?
クリスマスプレゼントの渡し方、おすすめの方法は?日本と海外の違いは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ